思い入れがあるロレックスはオーバーホールするのが吉

高い価値を保ち続けられる

腕時計

精密機器には欠かせない、オーバーホールです。部品単位まで分解する徹底した検査を行い、新品時の性能に戻すのが目的です。ロレックスの精巧なムーブメントを維持するためには、専門の業者に預けましょう。定期的なオーバーホールを行えば、いつまでも美しく、高い価値を維持できます。ロレックスは資産と呼んでいいほど高い価値があります。しかし適切なオーバーホールを施さないと劣化してしまいます。故障に気付いた時にはもう内部構造がボロボロ、価値はゼロなんてことになり兼ねません。劣化部分の交換、ムーブメントの調整を定期的に行えば、ロレックスの寿命は延び、資産価値も高いまま維持できます。オーバーホールは、ロレックスを部品単位に分解して清掃・再構築する作業です。分解して細かく調べるので、摩耗した部品の交換、噛み合いが悪くなったムーブメントの調整をできます。ガラス盤、バンドを交換すれば、内部構造だけでなく見た目も新品同様に戻せます。日頃から自分でメンテナンスを施すのは当たり前のことです。それでも内部構造の傷みまでは分かりません。オーバーホールは定期健診代わりにも必要です。ですが部品単位に分解して調べるのは、素人には不可能です。やはり業者に頼むのが安心確実なのです。メンテナンスで劣化を抑えつつ、オーバーホールで新品同様に保ち続けましょう。ロレックスのオーバーホールに慣れた業者ならば、長持ちのノウハウを教えてくれることもあります。メンテナンスとオーバーホールを使い分け、いつまでも新品同様のロレックスを保ちましょう。