思い入れがあるロレックスはオーバーホールするのが吉

婦人

長く愛用する為に

ロレックスを長く使うために、定期的なオーバホールが必要です。そこで、オーバーホール業者はたくさんあるので選び方が大切です。保証期間の有無やちゃんとした技術の有無、それらを確認した上で、口コミを見て選ぶといいでしょう。

ウォッチ

修理は純正にこだわろう

ロレックスのオーバーホール(修理)はロレックスの正規店あるいは一般の時計修理業者に依頼して行うことができます。品質・クオリティ面では正規店が最も優れていますが、費用は一般の時計修理業者と比べて高額になります。一般の時計修理業者に依頼する際は、オーバーホールの内容や実績を確認しましょう。

時計修理の進め方

ウォッチ

見積りの提示を依頼

ロレックスのオーバーホールは、色々な方法で依頼が可能です。オーバーホールを依頼する時は、まずどのくらいの費用がかかるのかを把握しておきたい所です。オーバーホールの費用は、製品のモデルによって多少前後します。サービスの比較サイトなどを利用すると、各社が提供するロレックスのオーバーホール費用が大体分かります。本格的に依頼をする前には、多くの方が見積りを依頼しています。見積りの金額を見てから、申し込みを行うのが通常の進め方です。製品は専用の配送用のキットなどを使用して送りますので、輸送中の破損なども防ぐことが出来ます。製品到着後、メールなどで確認の連絡が行われ、最初の見積りと費用が変わる時には、改めてこの時点で金額が再度提示されます。オーバーホールのプロセスでは、時計の部品を一旦取り外し、担当者が各部の状態をチェックします。分解をすることによって、機能性を失った部品の交換も可能になりますので、オーバーホールは時計を長持ちさせるためにも必要なメンテナンスです。その後、クリーニングへと進み、オイルなどで仕上げが行われます。納品前にはきちんと時計が動くか否かもチェックされるため、オーバーホールの影響による故障の心配は不要です。このようなオーバーホールを行う際にも、ロレックスの製品はかなりの精密さを必要とします。ロレックス製品に合う部品を使用することから、時に仕上がりまで時間がかかることもあります。

腕時計

高い価値を保ち続けられる

時計は精密機械なので、定期的なオーバーホールが必須。故障するまで使い続けると、内部の損傷が激しくなるためです。ロレックスの価値を維持するためには、見えない箇所に気を使うことも大事です。信頼のおける業者に任せられれば、時計は新品同様に生まれ変わり、寿命も伸びます。